売るつもりのなかったマンションを売却、理由は知人に頼まれたから

(性別)女性
(年齢)26歳
(住所)東京都
(職歴)営業3年

マンション経営をしていて、ワンルームのマンションをいくつか持っています。
新築マンションと中古マンションどちらもあります。

若干安くなったけど

都内のワンルーム新築マンションを売りました。
売却したのは2015年です。
2,800万円くらいで売れました。
購入したときと比べたら、若干安くなってはしまいましたが、まぁまぁ納得しています。

頼まれて売却

お世話になった業者は真和エンタープライズさんです。
営業の方が知り合いでした。
会社の新人さんに売る感覚を知って欲しい、だから売ってくれないかと頼まれました。
該当のマンションは中古マンションになっても、東京オリンピックを前にすぐに売却できるマンションだからと言われました。
実はこのマンションは税金対策で購入したもので、もうその目的は果たしていたため、いつ売っていいと思っていました。
これを売ったお金で別のマンションを買わないかと言われていたし、そのマンションがなかなか私好みのものでした。

手数料はなし

仲介手数料等は全く払っていません。
相手に頼まれて売ったため、売る条件として手数料はなしでとお願いし、了承してもらっていました。

結果的には良かったのかも

マンションが現金になって手元にあり、新築で購入した時と比べてそこまで安くならずに売れたので良かったと思っています。
どんどん古くなるものなので、早めに手放したのも結果的にはよい判断だったと思います。
ただ知人から話がなければ、きっと売っていなかったと思います。
元々売るつもりのないマンションで、そのまま持っていることも考えましたが、知人だったので断りにくく売ってしまいました。

知人に売却するときには注意して

売却する会社は見極めた方がいいです。
知り合いなら、その人は本当に信用できるのか、その金額で本当にいいのかをよく考えることです。
知り合いだからといって、やたら安く売って欲しいと言ってきたら、そこはきっぱり断るべきです。
情に流されては絶対にいけません。